Search this site
ボストンは、夏真っ盛り!
ブルックラインとももうすぐお別れだと思うと、窓からの緑が余計に美しく感じます。
<< ホテル生活開始。 | TOP | Harvard Museum of Natural History >>
ペットフレンドリ〜♪ん、、、???


今、宿泊しているお宿は
自称、ペットフレンドリー。


ペットフレンドリーってどんな意味なんでしょう?
今回、ふと考えてしまうようなことがありました。


BUに近い場所でペットが泊まれるところを選んだために
グレードが低いお宿では、仕方ないのかもしれないのですが、

今まで、ペットフレンドリーと書かれたホテルに宿泊する際に、こんな変わった対応を受けたことがなかったので、さっそくブログに書いちゃいます。


ーーーーーーーーーーーーーー



まずチェックイン。
その際に
ペットの宿泊代15ドル
それに加え、
セキュリティーディポジット一日50ドル(その場で引落しになりました)


そして、
「お部屋にペットを一人にして出かけません、、、」
「部屋にだれかがいない場合には、へやのサービスはうけられません」
などなど、
と、書かれた書面にサインさせられます。



でもね、事実、「犬を常に一人にしない」
なかなかそういう訳にはいかないのです。


フロントデスクのお姉さんに、その旨申し上げた所
「では、犬をDay careにあずければ?」

など、と、本当に人ごとのようにサラッとおっしゃいました。

あ、はぁ、たしかに、、、。

でも、出る度にあずけられるなんて、できないよぉ。。。


ん??
まてよ、しかもDay-care代払っていたら、始めから、もっといいホテルに泊まる値段と変わらないぢゃん。

チェックインする私の顔をちらりとも見ようとしないフロントデスクの、とーっても親切なおねえさんは、私に怒りつけるように、
「じゃぁ、とまれないわね」みたいなことおっしゃる。


おいこら!
予約した時に、ナゼにちゃんと説明しないのだぁー


さっそく
マネージャーとはなすことに。


そういえば、
アメリカに来て、
’Let me talk to your manager’
と、言うフレーズを何度つかったんだろ?

マネージャーもちょっと変わった人だったけれども、
さらっと問題解決。


で!まだあるんです。

その親切なフロントデスクのおねーさんは
「ペットがいる場合、ある特別な部屋しかとまれないんです」
と、ルームキーをくださいました。


知り合いに、このホテルについてアドバイスをうけていたので
荷物を運び入れる前に部屋をチェック。


と、なんと、フロントデスクの彼女は、
私に窓のない部屋を下さったのでした。
しかも100M競争できるくらいの廊下の先の先の、そのまた先の所にある部屋の。

二週間も真っ暗な部屋ですごせないよ。。。
犬もかわいそうだし、、。


しかたなく、またフロントデスクに。
でも、今度は別のお兄さんの所に並びました。

「お部屋変えてください。私、狭い所が怖い病-claustrophobiaです」
(多少、事実と反しますがしかたない)

すんなり、違う部屋に移してくださいました。

なぜか、アメリカにいると
常に臨戦態勢で人と話さないといけなくて
つかれます。

あ、ちなみにこのPet-not-Friendlyなホテルは、
Coolidge CornerのHoliday innです。


夫曰く
最後に、マネージャーのマネージャーに話してこい。とのこと。
ははは。
余力が残ってたらそうしましょーねー。

posted by lovely-cele | 20:56 | everyday various | comments(4) | - |
コメント
わーー大変でしたね。
全然フレンドリーじゃないですよね!!
けしからん。
でも、窓のあるお部屋でよかったですね。
ちゃんと自分の要求を伝えられるのが素晴らしいです。^^
2008/08/04 12:56 by ayamino
ayaminoサマ〜♪

フロントデスクでの一コマも
今、考えると笑い話に聞こえるでしょ?お恥ずかしい、、。
マクドナルドのコーヒーでヤケドした人が、裁判に勝っちゃう国だから、私もそのくらいの勢いで主張しないといけないとならないのかしら?って、時々本気で思っちゃいます。
'let me talk to your manager’の次に控えてるフレーズは、’Do you want me to sue you?' か ' My friend is a good lawyer’なんです(笑)
そのセリフを出した時には、みのちゃんパパのお力をお借りしたいです。

2008/08/05 06:03 by kazu
そうですか、そろそろ日本に戻られるのかな。
残り期間、楽しく過ごしてくださいね。

ちなみに、閉所恐怖症は
claustrophobic, claustrophobia でございます。
私もむかし、claustrophobic でしたが、なんとか克服しました。
なんてどうでもいいですね。

素敵な毎日をおむかえください。
2008/08/06 12:05 by igor
igorさま

ご無沙汰しております。ワンちゃんお元気ですか?

さーっそくなおしました。
って、スペルなんですけど、、、。

どんなふうに克服されたか伺いたいですね〜。
2008/08/06 13:05 by kazu
コメントする