Search this site
ボストンは、夏真っ盛り!
ブルックラインとももうすぐお別れだと思うと、窓からの緑が余計に美しく感じます。
<< ムービングセール | TOP | ペットフレンドリ〜♪ん、、、??? >>
ホテル生活開始。

朝の散歩で見つけた風景。バルコニーから、テーブルの脚がでてしまってます。なんだかおかしくて写真取りました。
ここで、お茶するのかな、、、。



7月31日、いよいよ、2年間住んでいたアパートを引き払いました。

本当は8月いっぱいまでリースを延長したかったのですが、
「一年以下の契約はしないから、、、」
と、マネージャーに断られ、
残りの日々をホテルで過ごすこととなりました。



今回のお引っ越しでは、本当にご近所の方にお世話になりました。
同じマンションに日本人のご家族が数人いらして、
皆さんのお力、そして助けがなくては、この引っ越しが終わらなかった、、。

本当に本当に感謝です。


しかもです!
今回、自分のさらなる悪い所を再発見しました。

「モノがすてられない」

のです。


困った私は、押し付けるように、

「いただいてくださいフェアー」

をおこないました。

「もしかしたら、これ、まだ使えるかも!」

なーんて思うと、どうも思い切って処分できない。
あぁ、これって、わたしのおばあちゃんとか母と一緒だわ。。。

始めは、こんなの差し上げたら恥ずかしい、、とか思っていたのですが
いざ処分しようとすると
ルー大柴ではないですが、
MOTTAINAI
と、思ってしまうんですね。
ボストンだと、これ手に入らないかも。
なーんて余計なことを思ったりして、、、。
いけませんねー。



それなのに!
こんな私のわがままにつきあって
やさしいご近所の方々は、笑顔でひきとってくださいました。

本来は処分しなくてはならないものが相当あったと思うのです。
でも、なんだか申し訳なくて処分できずにおりました。
(誰に対してもうしわけないんじゃぁ?って、感じですね)

これが不思議と、もし第三者の手に渡って、
それから、もし処分されるしても全く気にならない、、、。

皆さんごめんなさいね〜。


ーーーーーーーーー

一人で生きてるんじゃないんだよ、と、教わったことがありましたが
今回は、改めてそう感じました。



私のホテル暮らしを知って、
食事の寂しさを心配してくださったご近所の方が
今夜もまた食事に誘ってくださいました。

素直に甘えさせていただこうと思います。

posted by lovely-cele | 05:17 | - | comments(2) | - |
コメント
お引越しももう間もなくなんですね。

“もったいない”という気持ち、すごくよくわかります。
一つ一つに思い出もあるしね…。

ほんと、人の親切って困っているときには、骨身にしみますよね。私も何度も助けられました。

あと、もう少しのBostonでの生活を楽しんでください。
2008/08/03 10:20 by azarash
azarashちゃん

asarashちゃんも知っての通り、のろまな私。
まわり方からの応援が本当にありがたかったです。

心地よいはずのホテル暮らしは、なぜか肩がこりまする。
コリコリ
贅沢病ですな。
2008/08/03 20:07 by kazu
コメントする