Search this site
ボストンは、夏真っ盛り!
ブルックラインとももうすぐお別れだと思うと、窓からの緑が余計に美しく感じます。
pesto で ペンネ
無性に食べたくなったので、ペストソースを作りました。

材料の松の実とバジルです。



松の実を、フライパンで炒ること数分。油が出始めて、香ばしくなった松の実と、バジル、ニンニク、オリーブオイルをフードプロセッサーにかければ、、、




フタを開けるとふわぁ〜、って良い香り!



ペストソースのできあがり。
(この写真色悪いですね。)


フライパンで軽く火を通しながら、パルメジャーノレジャーノをたっぷり。そして、塩こしょうで味つけながら、茹でたてのパスタにささっと和えて、、、

いただきます。






うっま〜い!


ん?これって、お腹が空いていたせい?
それとも、最近、オリーブオイルかえたからかな?
このオリーブオイル、さらさらしててクセがなくって、、。

添えのサラダにも、いっぱいオリーブオイルかけちゃった♪

数分後。
あんなに、食べたかったはずなのに、シンプルなパスタって、食べているとすぐに飽きてきちゃうのね。。。。ははは。
(なので、、私、いつもは具沢山のパスタばかりなのです。)


それとも、一皿に多分欲張り過ぎちゃったからかな。



私は、残りが少なくなった所で、ちょっぴり醤油をたらして、たらして食べました。

夫に
「それってうまいかぁ??」
っと白目で見られましたが、
バジルにニンニクに醤油味。
合わない分けないと思うんだけどなぁ。

「日本人の心は、醤油だよ〜♪」
「いや、郷に入れば郷に従えっていうじゃないか。イタリアンは、イタリアンだよ。」

なーにを言われても、こんな反則、家でしか出来ないんですもの。
たらします。
お醤油。


大したことではないのですが、
「食べたい!」
と、思ったものを食べれてしあわせぇ〜な時間でした。
posted by lovely-cele | 12:41 | レシピ | comments(4) | - |
ピクルス
大きなカリフラワーを一房(one head, two heads?って数える?)買ったので、冷蔵庫にあるお野菜と合わせてピクルスをつくってみました。


材料は、多分こんな感じだったかな,、、。

酢 1.5〜2cup(容器に合わせて適宜)
水 1.5 cup
砂糖 大さじ5−6杯
塩 
ローリエ、黒こしょう、赤唐辛子 ショウガ


1)酢と他の材料を混ぜて、砂糖が溶けるまで温める。
2)同時に、5分くらい人参とブロッコリーは、下ゆでして、温かいうちに、1)につける。

数時間後には食べごろ。そして、日ごとに、味に深みを増していく気がします。
作る度に、味がちがうものご愛嬌♪

ひゃぁ。酸っぱくっておいしぃー。
ブロッコリーのコリコリ感もたまらないし、セロリの風味もよくお酢と合うし。。。

ささ、、お酒のおともに。。。
posted by lovely-cele | 16:14 | レシピ | comments(0) | - |
ルバーブのジャム

Whole Foods(近所のスーパー)で、こんなものを見つけました。
今回のブログのネタは、手前の方の赤いセロリみたいな野菜’ルバーブ(rhubarb)’です。

私がホームステイした先のお庭で初夏にぐんぐんと伸びる色鮮やかなクキをした植物があって、それが、このルバーブとの初めての出会いでした。ホストファミリーのママがつくってくれた爽やかなジャム味を思い出します。

ん??あれれ、はじめに野菜って書いたけど、野菜なのかしら?
で、早速ウィキッて見ました。
http://en.wikipedia.org/wiki/Rhubarb (英語版)
http://ja.wikipedia.org/wiki/ルバーブ(日本語版)


Rhubarb is actually a vegetable, but is often used in food as a fruit.
(Wikipediaより引用)


ふむふむ、
「お野菜だけど、フルーツとして用いられて、、、」かぁ。
お野菜で正解。
そういえば、ルバーブジャムとか、ルバーブパイとかでしかお目にかかったことがないなぁ。

と、しばらく読みすすむうちに、、

Toxic effects。。
「えぇー毒性があるのぉ??」
(横にいた夫は、「お前、もしかして、、、トリカブト代わりに、、、?!使おうとしたか?」などと、わざと驚いてみたりして)

Rhubarb leaves contain poisonous substances. Rhubarb leaf poisoning is most often caused by oxalic acid, a corrosive and nephrotoxic acid that is abundantly present in many plants. The LD50 (median lethal dose) for pure oxalic acid is predicted to be about 375 mg/kg body weight, or about 25 g for a 65 kg (~140 lb) human. While the oxalic acid content of rhubarb leaves can vary, it averages about 0.5%, so a rather unlikely five kilograms of the extremely sour leaves would have to be consumed to reach an LD50 dose.
(Wikipediaより引用)

<訳>葉っぱの部分に、シュウ酸などが含まれているようですが、その含有量はとても少なくて、もし、0.5%のシュウ酸が含まれているとした場合に、65キロの体重の人が5キロの葉っぱを食べて、はじめて致死量に至るそうです。

ルバーブはとても酸っぱいのです。とても、5キロなんて食べられないでしょう。

などと、書いているうちに出来上がりました。
ルバーブジャム。
二本しか買っていないので出来たジャムは、こんなにちょっぴり。



酸っぱい味が大好きな私にはたまりません。
イチゴジャムしか食べられない夫には、食べられちゃう心配もなく。1人でたーんまりパンに塗って食べてます。



(作り方はネットから引用です。)
ルバーブをきれいに洗って、白ワインと砂糖(ルバーブの半分量)に一晩漬ける(皮はそのまま)。

弱火でコトコト30分程煮て、最後にレモンの絞り汁をたーっぷり。
posted by lovely-cele | 02:28 | レシピ | comments(3) | - |
レンティルのスープ
Green lentil
なんだかかわいくて買っちゃった。


レンティルは日本語だとレンズ豆って言うんですね。
レンズみたいに真ん中が膨らんだ形をしているからって。

お豆って、とっても美味しい。
大豆、青豆、黒豆、花豆、小豆、そら豆、グリーンピース、チックピー、
でもね、
’食べたい!’って思ってから、おまめを戻したりする時間がなんだか待ちきれなくて。
(これだから、食いしん坊は困りますよね。へへ)

ん?!なんて?
レンティルは戻す時間がいらなーい!

そうなの??
お豆料理が得意なお友達に電話。
「戻す時間がないっていっても、ちょっと戻すとふっくらするわよ。そのお水も一緒に煮てね。栄養があるからね。」
彼女は、スリランカから日本に留学して、今の日本人のご主人とご結婚された方。ビーックリするくらい、日本人なの。日本語はもちろん、日本料理がとても上手。教わることがいっぱいです。

さて、ネットでレシピを検索。
お!この材料なら家にあるものでアレンジできるかな?
と、いうことで、家にあるものをお鍋にいれてくつくつ煮てみました。


月桂樹とお水と一緒に火にかけるといいにおい♪
レンティル、ジャガイモ、タマネギ、セロリ、米茄子、ホールトマトの缶詰
そういえば、日本から送ってもらったコンビーフの缶詰が眠っていたっけ。
これもいれちゃえ。

緑のレンティルは、サラダにむいていて、茶色のレンティルはスープに向いているのだそうですが、ちょっとお水で戻したせいかな、緑のレンティル豆でも美味しくできました。

失敗しないレンティルは、また、活躍しそうです。
posted by lovely-cele | 22:35 | レシピ | comments(0) | - |
かぶたべたい。
柔らかーく煮て、
とろみをつけたお出汁で、
柚子かなんかちょっぴりちらして、

かぶが、
たべたい。

あのほわっとした食感と味をイメージしたら、止まらなくなってしまいました。
さっそく、買い物へ。

そして、こんな黒いものを発見。

店員のおにーさんに、どんな味がするの?って聞いたら、

'hot'

とのこと。このブラックラディッシュちゃん、形はカブだけど、名前の通り、赤いラディッシュやホースラディッシュ系の味がするのだとか。

お兄さんに、turnip(ターニップ?ターナップ?)のほうが、マイルドで美味しいよ。ってすすめられたけれど。なんせ、形から入る性格なのと、新しいものにチャレンジしてみたくて、この黒っちぃのを買ってみました。

たわしでごしごししたけど、やっぱり、皮は真っ黒
やむなく厚ーく皮をむいて、、

で、まずは湯がいてみた。

3分経過
固い。

5分経過。
変わらず固い。

更に経過。
まだ、固い。

結構たった。
お箸がやっと通った。

で、白身魚の甘酢あん掛けにそえてみました。


なんだか、むかしのお野菜のように、ほろ苦くて味が濃ーい。
カブの柔らかい食感を思い浮かべて食べると、ちょっとギャップがあるけれど、これはこれで、なんだかいけるかも♪

茹でたままに、柚子ポンでいただくのが一番いけたかも。

で、次の日に、カレーに混ぜて食べてみました。

うっ、、、
あわない。。。。

生食には、ちょっと踏み切れないまま、食の実験は終わりました。
posted by lovely-cele | 13:26 | レシピ | comments(2) | - |
鶏肉をコーラで煮てみました。
外は、風がビュービュー吹いています。そんな中犬のお散歩。耳の感覚がなくなってしまって、思わず「耳が風で飛んでっちゃったかと思った」と、やなジョークを言ったりして、受付にいたおじいちゃんと笑いました。

立て付けの悪い窓がビシッビシッ、と音をたてて揺れています。

ヒーターをつけているせいか、喉が渇いて仕方ありません。
「コーラ飲みたい」
普段、滅多に飲まないコーラですが、買ってしまった!
しかも、2L。
誰が飲むのよ...。

よっしゃ、先日チキンファームで買って来た鶏肉(ドラム部)とコーラを使って今夜の一品にしちゃえ。

ニンニクとショウガをすりおろして唐辛子と一緒に油の中で香りを出して、タマネギを炒めます。鶏肉を炒めて、焦げ目をつけたら、酒、コーラ(500cc)、醤油(100cc)、お酢(200cc)、(<--分量は適当です)加えて、、、中火くらい、、

で、今煮ているところです。(別のお鍋でゆで卵を作る)忘れないうちにブログにメモしてます。

どんな味になるかなぁ。
味見もしないうちにレシピをブログにアップするなーっ、、、。

15分から20分煮たところでスープが煮詰まって来たので、火を止めておいておこう。(ここにゆで卵投入)味がジワワーってしみるのを待って、食べよーっと。

<食後談>
盛りつけが悪くて、写真だと美味しく見えないけど、でも、お肉はジューシーで柔らかったです。多分の効果?これを豚肉に替えて八角を入れたら、角煮風になるかしら?
posted by lovely-cele | 09:35 | レシピ | comments(5) | - |
サバのみそに
前回サバを丸ごと一匹買って来た時のレシピ。
「この際輪切りでサバの味噌煮を作っちゃえー」
レシピはどこかの古い本から頂戴して、アレンジしてみました。



濃い塩水(カップ5の水に対して、大さじ1の塩)であらって、ざるにおく。
水気をとっておく。

ショウガ、みそ、みりん、さけ、さとうをあたためて、サバを入れる。


10分ほど(時々お鍋を動かしながら)煮た後、、、冷蔵庫にお豆腐があったので(お水を切っておく)最後に加えて一緒に煮てみましたー。しあげにネギもひと煮立ち。


うっ、なんだか写真が(と、いうか実物も)ボッタリしててかっこ悪い、、、
けど、ま、いっか!

最近は、給食に使われているお魚さんは、中国で加工されて、すべて安全に「骨抜き」にされているそうですが、ちょっとなぁ。。。やっぱ、魚は骨付きさぁ!と、ずぼら主婦は言い訳のネタにしてみました。
posted by lovely-cele | 12:33 | レシピ | comments(2) | - |
生鮭のみそづけ
近所の方からお魚の卸で小売りもやってるところ(Sea to you)があると伺い早速行ってみました。

サバと生鮭を入手。

おー、ぬわぁんと、タイムリィー。
ちょうどテレビで鰆の味噌漬けの作り方をやってるでないの!
と、いうことで、

<テレビの材料をメモ>
魚(4片×100g)に大さじ2くらいの塩をふって、2時間常温で置く。魚から出て来た水分を拭き取る。(ちょっと心配だったので、お酒で軽く洗うようにしてから拭いてみました。)
みそどこーみそ(甘いタイプ)300g、酒とみりん各大さじ3よくまぜる。
容器の底に1/3のみそを敷き、ガーゼをして魚を並べ、またガーゼをして残りのみそを入れる。




食べごろは1−3日つけたとき。
保存は、みそから出して冷蔵庫/冷凍庫に。
焼き方は強火で。(ホイルをかぶせて表面が焦げないようにしながら)

今回、生鮭(520g)だったので、分量をちょっと調節して作ってみました。
うーん、切り身を大きくしてしまったから、みそに馴染むかなあぁ...どんな味になっているか、ドキドキです。
posted by lovely-cele | 12:20 | レシピ | comments(4) | - |
納豆と明太子と豆腐でパスタ


テレビで見たレシピに冷蔵庫に残っていた納豆を加えてみました〜。

<材料>
パスタ
豆腐(日本で木綿の固さ)
ネギとかシソ
たらこ(インスタントの明太子ソースで代用)
納豆+マッシュルーム
<作り方>
パスタを茹でておく。最後の二分で、豆腐を加えて一緒に茹でる。
別のボールにソース(しょうゆ、みりん、ばたー、たらこor明太子)をボールにまぜて作っておく。パスタと豆腐、きざんだネギ(orシソ)を加えて、基本のパスタができあがり。----(1)

これだけでもいいけれど、、、、
フライパンにオリーブオイルでガーリックをいため、マッシュルーム、納豆を炒め、最後にお醤油で香り付け。(1)に一緒に和えてできあがり。

もう一つ納豆メニュー。これもテレビでやってました〜。
<納豆炊き込みご飯>
ご飯をセットする時に固形スープ一個。醤油、塩、バター。大根、ベーコン、加え、
納豆2パック(混ぜないで上におく)

スイッチオン。
posted by lovely-cele | 15:27 | レシピ | comments(0) | - |
豚肉、人参、白菜の卵とじうどん
最近常に冷蔵庫にあるのが白菜です。冷蔵庫に残っているお野菜を入れておうどんです。冬のおうどんはおいしぃ。



お鍋(1)ショウガ、タマネギ、人参、豚肉、白菜を材料順に炒めて、砂糖、酒、みりん、だし、醤油、で少し甘めに煮る。タマゴでとじる。
お鍋(2)だし汁 <やっぱり鰹のだしが美味しいと思うなぁ>、みりん、塩、醤油
お鍋(3)冷凍うどんをさっと茹でる。

うどんがあがるのにあわせて作るのがポイントかなぁ。
posted by lovely-cele | 06:22 | レシピ | comments(0) | - |